thosonsuanha.com

面接はある程度対策を行う必要がある

男子学生が就職面接を受けるときは

面接はある程度対策を行う必要がある 男子学生が就職面接を受けるときは、しっかり身だしなみに気を配りましょう。そんなことは当たり前と言う人が多いでしょうが、しっかりできている人はそれほど多くありません。スーツを着ればシュッとした感じが出ると思いがちですが、意外とそうでもないです。と言うか、ある程度の知識がないと、スーツを着たことで逆に粗が目立つことになるでしょう。多くの学生が見落とすのが、ジャケットの肩です。肩パッドの位置や厚みがおかしいと、かなりの違和感が出ます。しかし、どうすればいいかはスーツを着慣れていない学生には難しいです。お店の人にアドバイスをしてもらいましょう。

もちろん、ジャケットだけでなく、スラックスにも十分気をつけなければいけません。折り目がないなんてことがないようにしましょう。すその長さも重要で、靴の甲に少しかかる程度が基本になります。すそが床につくような長さではいけません。一発アウトと考えましょう。そして、スーツのポケットにはあまり物を入れてはいけません。ラインが崩れてしまうからです。カバンを持っているはずですから、カバンの中に入れるようにしましょう。ポケットに入れるのはハンカチ程度にしておくことです。

おすすめ情報