thosonsuanha.com

面接はある程度対策を行う必要がある

面接でのやりとりの具体例とその評価

面接はある程度対策を行う必要がある IT企業の面接でのやりとりの具体例とその評価。面接担当者「あなたの強み・会社に貢献出来ることはなんですか」応募者「私は、困難な状況でも目標を達成させる力を持っています。昨年、IT業界で働く決意表明と自己の成長のために基本情報技術者試験を受験しました。しかし勉強期間が1ヶ月間しかない上に大学やアルバイトと重なるハードスケジュールの中での受験だったので、周囲からは絶対に無理と言われていました。まず私は自分のスケジュールを見直し、行動に優先順位をつけ今まで無駄に費やしていた時間を勉強に当てました。そして学習予定を立て、何があってもとにかく予定どおりに勉強を進めました。徹底的に自己管理をし、自分の力を信じて努力し続けた結果、見事試験に合格することが出来ました。私は常に向上心を持ち、自身の成長を望んでいます。

厳しい状況においても、目標に向かい努力することで今までも成長してきました。自分の成長を望む気持ち、それが誰よりも強いからこそ困難な目標を達成させることが出来ると思います」評価としては、この学生は、ビジネスパーソンとしてのポテンシャルが非常に高い人間であることがヒシヒシと伝わります。特にから、自己向上意欲が高く、逆境にも負けず、自分を高めていけるパワーと、集中力、メンタルタフネス、学習の早さが備わっていることがわかります。

おすすめ情報