thosonsuanha.com

面接はある程度対策を行う必要がある

面接で個性や能力を仕事にどう活かしたいかと聞かれた場合

面接はある程度対策を行う必要がある 面接でのやりとりの具体例とそのアドバイス。面接担当者「あなたの個性や能力の中で、自信を持っているものを3つ教えてください」応募者「1つは何事にも諦めない粘り強さです。些細なことでも途中で放り出さずに、最後まで考え工夫しながら真剣に取り組み、努力を惜しまない姿勢や気持ちを常に持っていることです。2つ目は人への思いやりです。争いよりもまず相手の立場に立って物事を考え、最善の方法で対処することを考える性格であると思っています。3つ目はチャレンジ精神です。既存のやり方にとらわれずに色々な可能性を常に考え、新しいことに挑戦し、あらゆることに積極的に取り組む気持ちを大切にしています」。

面接担当者「上記の個性や能力を仕事にどう活かしたいと思いますか」応募者Г現在では様々な形で従来想定しないようなリスクが顕在化し、新たな業務への取り組みが増える一方、企業の効率化や経営資源の有効活用など既存業務への取り組み強化も求められていると思います。したがって、既存の観念にとらわれない幅広い視野を持って、柔軟な思考や新しい発想で新たなアイディアを次々と生み出していきたいと思い、また、どんな業務に対しても積極的に最後まで粘り強くチャレンジしていくことで、より多くの仕事をこなし企業の発展に少しでも貢献していきたいと考えています」。

アドバイスとしてはやのように、既成概念にとらわれず、新しいことに果敢にチャレンジしていくことの重要性を自覚している点は評価できます。その資質や能力が自分に備わっていることをアピールできるような具体的なエピソードがあれば、もっと評価は高まります。

おすすめ情報