thosonsuanha.com

面接はある程度対策を行う必要がある

面接は、先ずは気負い過ぎないようにすることが大切

面接はある程度対策を行う必要がある 面接を行う時は、先ずは気負い過ぎないようにすることが大切です。就職の面接にしろ、アルバイトの面接にしろ、絶対に受からなければならないと思ったり、絶対に受かってやると思う上手く行きません。面接中も余計に緊張してしまい、上手くコミュニケーションを取ることができなくなってしまいます。面接は、自然体で行うのがベストです。

面接で受かろう受かろうとすると、どこかに嘘や誤魔化し、取り繕いが入ってしまいます。自分に取って都合の悪い質問をされた時に、この傾向が出やすいです。しかし、ビジネスの本質は信用で成り立っています。仮に、面接を上手くやり過ごせたとしても、いざ働く時になって困る可能性があります。やはり、面接の時には自然体で気負うことなく面接を行うのがベストと言えそうです。

面接の合否は、面接で上手くご自身をアピールできたかどうかより、相手都合と他者関係で決まることの方が多いです。相手都合というのは、相手の求人に対する本気度とどのような人材が欲しいのかということです。求人に対する本気度というのは、今直ぐにでも人が必要な状況なのか、それとも良い人材がいたら採用しても良いというレベルなのかということです。他者関係というのは、一緒に面接選考を受けているライバルのことです。企業の求めている人材像とあなたの人材がぴったり合致する、と言うことは稀です。となると、ライバルが強力かどうかが重要になります。あなたの能力・スキルが素晴らしいものであっても、ライバルが更に強力ならあなたは不利な状況にあります。逆もまたあります。このような環境というのは、あなたご自身では制御できない部分になります。一生懸命努力して改善しようとしても難しい部分です。結局のところ、面接ではどうしてもご自身の努力ではどうしようもない不確定な要素があります。ですから、受かろう受かろうと気負い過ぎるのではなく、自然体で面接を行うのが良いのではないでしょうか。

おすすめ情報